【保存版】ドローンによる屋根点検!4つのメリットと費用相場を徹底解説



近所で屋根の上をドローンが飛んでいたけど…

「ドローンで屋根の点検ができるって本当?」

「屋根に登る点検となにが違うの?」


最近、ドローンで屋根を点検する業者も増えていますが、よくわからないと不安ですよね。

本当にしっかりと点検が出来るのか、どんなメリットがあるのかなど、気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。


今回は、ドローンで屋根点検をする4つのメリットをご紹介、3つのデメリットについても解説します。


また記事の後半では、ドローン点検の費用相場や業者選びのポイントもご紹介します。


屋根リフォームなどで、屋根の点検を検討している方、必見です。



ドローンによる屋根点検、4つのメリット


ドローンで屋根を点検するメリットは4つあります。


ドローンを使う業者が増えているのも、このメリットがあるからといってもいいでしょう。


ドローン点検についてよくわからないという方は、まずはメリットから知っていただきたいと思います。


メリット1 安全に細部まで点検が可能


ドローン点検の一番のメリットは、安全に屋根の点検ができるということです。


屋根には、勾配(傾斜)があるので、滑りやすく大変危険です。

屋根の上での作業に慣れている職人でも、落下する危険性は常にあります。

建設業における死亡事故のうち、約4割が墜落・転落事故となっています。


ドローンを使用すれば、屋根に登らずに点検ができるので、事故のリスクをなくせます。


最近では、台風などの災害による被害状況をドローンで確認することも多いようです。


安全に点検を行なえることから、これからもドローンによる点検は増えていくと思われます。



それでは、実際にドローンで撮影した写真をみてみましょう。


・棟板金(むねばんきん)

棟の部分は全ての屋根において重要な部分なので、しっかりと点検することが大切です。


屋根の頂点に設置された棟板金や、棟板金を留めるの部分が抜けていないか、はっきりと確認できますね。


・破風板(はふいた)

破風板は屋根に登ると、写真が撮りにくい場所です。


ドローンは少し離れたところからも撮影できるので、破風板の状態が確認しやすくなります。


尚、破風板が傷んでいた場合は、塗装やカバー等の補修が必要です。


・下屋根(げやね)

下屋根の状態も把握しやすくなります。


劣化の状態もしっかり確認できますね。



メリット2 屋根材の破損を防げる

屋根の劣化が進んでいると、屋根の上に乗ったときに屋根材が割れてしまうことがあります。


ドローンですと屋根に人が乗らないので、屋根材が破損することもありません。


また、悪徳業者がわざと瓦を割って屋根の劣化だと言い、強引に契約させるケースも発生しています。

業者に屋根を登ってほしくないという方も、屋根に登らずに点検できるドローンなら安心できるのではないでしょうか。



メリット3 業者と一緒に状況を確認できる

ドローンで点検をした場合、業者と一緒に撮影した屋根を見ることができます。


端末などで実際に屋根の状態を見ながら、業者から説明を聞けるのもドローン点検のメリットです。



メリット4 登れない屋根も点検できる

通常、傾斜がきつい急勾配の屋根や、はしごで登れない3階建てなどは点検できません。


また、雨で濡れた屋根や、塗装した直後の屋根はとても滑りやすく、点検ができないことが多いようです。


ドローンなら、これらの人が登れない屋根の点検も可能です



下は実際にドローンで撮った屋根の全景です。

屋根の形や、傷んでいる場所が分かりやすいですね。


屋根に登って点検するよりも高い位置から全体を撮影できるので、屋根のどこの部分が劣化しているのか確認しやすくなります。



ドローン点検のデメリットもチェック


ドローンでの点検は、屋根に登って点検する場合にはない欠点もあります。

点検を依頼する前に、デメリットもチェックしておきましょう。



デメリット1 ドローン音が気になるかも

ドローンの飛行音は約80dB(デシベル)になります。(機種によって差があります。)

80dBは走行中の電車内くらいの音で、室内にいればあまり気にはならないかもしれません。


しかし、住宅密集地だったり、朝早い時間の点検になる場合は、近隣へ配慮したほうが良いでしょう。



デメリット2 直接、応急処置などはできない

はしごで登って点検すれば、問題があった時に応急処置的な屋根の修理などすぐ対応できますが、ドローンではできません。


屋根材や板金等を剥がして内部を確認したり、補修作業が必要な場合は、直接登ることになります。(急勾配の場合は足場が必要になることもあります)



デメリット3 飛行禁止区域では点検できない

ドローンを飛行させる際は、航空法で定められたルールを守らなくてはなりません。


空港周辺や人口集中地区など、ドローン飛行ができない区域、許可が必要な区域があります。


事前に自宅のある場所が飛行禁止区域、または許可が必要な区域なのかを調べておきましょう。

飛行許可が必要な場合は、業者が許可申請をしてくれます。



ドローンの屋根点検の費用相場は?無料でやってくれる?


ドローンによる屋根点検は、屋根に登る点検よりも費用がかかる場合があります。

業者に依頼する前に、費用を確認しておきましょう。



点検費用相場は5,000~30,000円


ドローンによる点検費用の相場は5,000~30,000円となっています。


ドローンの機材、用具を揃えるのに経費がかかるため、ドローンの屋根点検のみを行なっている業者や、ドローンの屋根点検に力を入れている業者は、点検費用がかかることが多いようです。


また、ドローン点検後に報告書や説明などのサービス内容によっても費用は変わってきます。

点検内容だけでなく、写真や動画を受け取れるかなども要確認です。



点検費用は無料の業者も


点検費用が無料だったらうれしいですよね。


地域密着型の業者や、ドローンだけでなく屋根に登っての点検もしている業者は、初期費用があまりかかりません。

そのため点検は無料という業者もいます。



ドローン点検を依頼する業者選びのポイント


ドローンで点検をしている業者は数多くあり、どこを選べばいいのか悩むところではないでしょうか。


屋根点検を依頼する業者を選ぶときのポイントをご紹介しましょう。


確認しておきたいポイントが2点ありますので、対応や点検内容で納得できる業者を選んでください。



確認ポイント1 点検前に近隣への配慮ができる業者

点検前に近隣に挨拶してくれるか確認することは大切です。


ドローンは、飛行音がありますし、上空から撮影する際に近隣の住宅が写ってしまう可能性もあります。

そのため、近隣への配慮が不可欠です。


「これから点検をします」と、きちんと挨拶することで、トラブルを避けることもできます。



確認ポイント2 点検の際に撮影した画像の記録データをくれる


点検の際に撮影した画像を、全てもらえるのか確認してください。


撮影画像はその場で見せてもらえますが、記録データとして残しておけば、修繕したときに前後の比較もできます。


屋根の状態を細かく撮影し、記録データを渡してくれる業者を選びましょう。



自分で点検するのはおすすめしません


自分でも点検することは可能ですが、あまりおすすめできません。


住宅街などで飛行させる場合は、飛行許可を取らなければいけないので、手間がかかります。


また、屋根の上を鮮明に撮影できるドローンは大型で価格も高いですし、操作する技術も必要です。


ドローン点検に慣れている業者に依頼すれば、安心・安全に屋根を点検することができます。



ドローンで屋根点検するメリットと費用相場:まとめ


ドローンによる屋根点検のメリットデメリットをまとめます。


メリットとしましては、

  • 安全に細部まで点検できる

  • 屋根材の破損を防げる

  • 業者と一緒に状況確認できる

  • 登れない屋根も点検できる

一方デメリットは、

  • 飛行音がする

  • その場で応急処置などはできない

  • 飛行禁止区域では点検出来ない


点検費用相場は5,000~30,000円ですが、無料で行っている業者もあります。


そして、点検を依頼する業者を選ぶポイントは

  • 近隣への配慮がきちんとされているか

  • 点検時の撮影画像をくれるか

この2点は必ず確認してください。



いかがでしたか。


屋根の状態確認には、ドローンによる最先端の点検がおすすめ!


屋根に登るのが難しい、屋根に登ってほしくないという方は、ぜひドローン屋根点検を検討してはいかがでしょうか。


最後までご覧いただきありがとうございました。



[無料]外壁・屋根塗装・屋根リフォーム見積もり 100枚の点検写真!



「外壁塗装、屋根塗装、屋根リフォーム、我が家は実際いくらくらいかかるのかな?」


「そろそろとは思うけど、外壁・屋根塗装、屋根リフォームってどこに頼んだらいいの?」 とお悩みではありませんか?


そんな方は一度、塗装専門店や板金工事専門店による正確な見積もりをご覧になることをお勧めします。 今塗装をご検討中の方はもちろん、将来の費用計画作りにもお役に立ちます。


株式会社三誠ホームサービスでのお見積作成は、

50~100枚もの写真を撮る丁寧な点検診断+写真付き点検報告書を進呈!

・我が家の適正価格が分かる詳細な見積り書!

・塗料プランは3パターン以上もらえて比較検討できる専門用語もスタッフが分かりやすく解説!

お見積りとその内容説明まで、すべて無料で行っておりますのでご安心ください。


LINE公式アカウントからもご依頼頂けます!!



「著者情報」

 関裕一 

東京都足立区出身 1級外壁・屋根調査士・ドローンパイロット

​株式会社三誠ホームサービス 最高技術責任者

18歳から塗装職人として2.250件以上の施工に携わる。

​塗装業界の歪んだ構造を塗り替えるべく、奇跡の「新時代塗装」倶楽部を主催している。

お家を長く保つアドバイスを、分かりやすくお伝えします。

Reason

たくさんの幸せをお届けし笑顔があふれる街に

私たち株式会社三誠ホームサービスは、

 

国土交通大臣認定のリフォーム事業者として、

 

東京都足立区、埼玉県大宮市、

千葉県柏市、神奈川県川崎市に拠点を置き、各拠点を中心に、

半径20キロ圏内を主に対象エリアとした地域密着の屋根・外壁塗装

屋根葺き替え・雨漏り修理・内装リノベーションなどを得意とする総合リフォーム会社です。
 

大企業のように営業マンもいなければ派手な宣伝もできません。
 

しかし、仕事の丁寧さだけはどこにも負けません。
 

職人一人ひとりが地元密着としてのこだわりを持ち、
 

お客様に『安心』や『満足』をご提供するだけでなく、『幸せ』や『感動』まで差し上げたい。
 

心からそう思っています。