top of page

外壁メンテナンスの基本:三面接着とは?修正方法とコストを解説

外壁の目地を守る:三面接着とは何か、そしてなぜ避けるべきなのか


外壁工事の専門家が、三面接着の疑問に答えます。

三面接着とは、コーキング材が外壁の目地を完全に埋め尽くす状態を指します。

しかし、この方法はひび割れのリスクが高いとされています。

外壁の目地には、三面接着と二面接着の二つの施工方法が存在し、通常、木造の戸建住宅では二面接着が用いられます。

三面接着は、ビルやマンションなど揺れの少ない建物に向いていますが、一部の住宅で使用されることもあります。

既に三面接着で施工されている場合も、後から修正することは可能です。


三面接着の修正方法とその費用


この記事では、三面接着の修正方法とそれにかかる費用相場について説明します。特に、三面接着がひび割れやすい理由や、修正が必要となる具体的な状況に焦点を当てます。目地が三面接着である場合、修正はコーキング材の打ち直しのタイミングで行うのが理想的です。目地交換の際に二面接着への修正を依頼することで、ひび割れのリスクを減らすことが可能です。


外壁塗装とコーキングの劣化


外壁のコーキングが劣化している場合は、外壁塗装のメンテナンス時期の合図かもしれません。コーキング材の打ち直しと同時に外壁塗装を行うことで、費用の削減が可能です。塗装専門店や板金工事専門店による正確な見積もりを取ることをお勧めします。


信頼できる業者の選び方


外壁工事を行う際は、施工方法を詳しく説明してくれる業者を選ぶことが重要です。特に、訪問営業による即決契約は避け、時間をかけて点検し、必要な工事を提案してくれる業者を選ぶべきです。


まとめ


外壁の目地三面接着に関する重要な情報をお伝えしました。三面接着は、特定の状況下では有用ですが、一般的な戸建て住宅ではひび割れのリスクを高める可能性があります。適切なメンテナンスと修正により、このリスクを軽減することが可能です。

コメント


LP-02.webp
TOP-04.jpg
バナー01 (3).png
バナー02 (4).png
バナー03 (4).png
バナー04 (3).png
​まずはお気軽にお問合せください

CONTACT

問い合わせバナー.png
tosou.png
bottom of page