top of page

雨樋の色選びに失敗しないためのポイントとは?失敗時の対処法も!

家の外観にこだわる方にとって、雨樋の色選びは重要なポイントです。

適切な色を選ぶことで、住宅の美観を高められます。

そこで、この記事では、雨樋の色選びで失敗しないためのポイントと、もし失敗した場合の対処法を紹介します。


□雨樋の色選びで失敗しないためのポイント

雨樋の色選びでは、以下の点に注意する必要があります。


*外壁より目立たない色にする

雨樋は目立たせたくない箇所です。

外壁より薄い色を選ぶことで、外観のバランスを保ちます。

逆に外壁より濃い色を選ぶと、雨樋が浮いて見える可能性があります。

これらの点を踏まえ、雨樋の色選びでは外壁の色とのバランスを考慮しましょう。


*鼻隠しやサッシの色に合わせる

住宅のデザインの統一感を出すため、雨樋の色を鼻隠しやサッシの色に合わせることが望ましいです。

鼻隠しやサッシと色を合わせることで、デザインに一体感が生まれ、違和感を最小限に抑えられます。

また、この方法は、特にデザイン性を重視する住宅において有効であり、外観の美しさを引き立てます。


*外壁がツートンカラーなら同色に合わせる

外壁がツートンカラーの外壁の場合、雨樋に同じ色を採用すると、すっきりとした外観になります。

雨樋が目立ち過ぎることなく、落ち着いたデザインに仕上がるでしょう。

特に、ツートンカラーの外壁では、色の選定が外観の印象を大きく左右するため、雨樋の色も慎重に選ぶ必要があります。

結果として、落ち着いたデザインの外観を演出できるようになります。





□失敗した際の対処法とは?

万が一、雨樋の色選びで失敗した場合、以下の対処法が有効です。


1:塗装する

色選びに失敗した場合、塗装で補修する方法があります。

費用は1メートルあたり700~1,500円程度で、塗料の種類や施工箇所によって異なります。


2:交換する

塗装が難しい場合は、交換を検討しましょう。

交換費用はおよそ40~60万円が相場です。

ただし、足場設置の費用も考慮する必要があります。





□まとめ

雨樋の色選びは家の外観に大きく影響します。

今回紹介したような基本的なポイントを守り、慎重に色を選びましょう。

また、万が一の失敗に備え、塗装や交換といった対処法も頭に入れておくと良いでしょう。

今回の記事を参考に、納得いく色選びを実現してくださいね。

当社では外壁塗装や屋根塗装はもちろん、雨漏り修理や防水工事などのサービスも提供しております。

足立区周辺にお住まいの方は、お気軽にご相談ください。

Comentarios


LP-02.webp
TOP-04.jpg
バナー01 (3).png
バナー02 (4).png
バナー03 (4).png
バナー04 (3).png
​まずはお気軽にお問合せください

CONTACT

問い合わせバナー.png
tosou.png
bottom of page