top of page

軒を伸ばすリフォームのステップをご紹介!軒を伸ばして家の快適性を向上させる方法






自宅をより快適で機能的な空間にするため、リフォームを検討している方は少なくありません。

日本のように四季の変化が激しい地域では、外部の気候条件に左右されずに安定した居住環境を保つことが大きな課題です。


そこで今回は、軒を伸ばすリフォームに焦点を当て、その具体的な方法とメリット、さらには注意すべき点について解説します。


軒の重要性とは?日本の住宅における役割


軒とは、屋根が壁面よりもはみ出した部分のことを指し、その長さや形状は家のデザインだけでなく、機能性にも大きな影響を与えます。

日本では四季折々の気候変動に対応し、家屋を保護するために重要な役割を担っています。


四季に対応する軒の機能性


日本の家屋では、昔から軒の出を長くして夏の強い日差しを遮り、冬の低い角度の光を室内に取り入れる工夫がされてきました。

これにより、自然の恩恵を受けつつ、過酷な気候から家を守れます。

さらに、軒が長いことで雨や雪から外壁を守り、建物の耐久性を高める効果もあります。


軒の出の建築基準法上の決まり


建築基準法では、軒の出の長さに特に制限は設けられていませんが、1m以上伸ばす場合には建築面積に算入される点に注意が必要です。

このルールを知ることで、リフォーム計画を立てる際の基準を明確にできます。


快適な居住空間を守るための軒


軒を適切に設計することで、居住空間の快適性を高められます。

特に、足立区周辺のような都市部では、建築規制や周囲の環境に合わせた軒の設計が求められることもあります。





軒を伸ばすリフォームのステップ


軒を伸ばすリフォームは、家の外観や機能性を大きく改善できる方法です。

しかし、成功させるにはいくつかの重要なステップを理解し、適切に計画を立てる必要があります。


1:リフォームのプランニング


最初に行うべきは、現在の屋根の構造を調査し、どのように軒を伸ばすかのプランを立てることです。

この際、専門家の意見を聞くことが大切です。

当社では、お客様の声を反映し、細部にまでこだわった施工を約束しています。

足立区周辺でお困りの際は、当社までご相談ください。


2:必要な手順と材料の選定


軒を伸ばす作業には、屋根材の撤去、新たな屋根部材の取り付け、防水・防腐処理、板金施工など多岐にわたる作業が含まれます。

また、耐久性や美観を考慮して材料を選ぶことも重要です。


3:建築基準法との整合性


軒を伸ばす際は、建築基準法上の規制に留意する必要があります。

特に、建ぺい率や建築面積の計算において、プロジェクトが規制に適合しているかを確認することが必須です。






まとめ


軒を伸ばすリフォームは、日本の四季の変化に適応し、快適な居住空間を保つために有効な手段です。

軒の機能性を理解し、適切なリフォーム計画を立てることで、家の外観と快適性を大幅に向上させられます。

足立区周辺にお住いの方も、これらのステップを踏むことで、快適な家づくりを実現できます。

足立区周辺で、住宅に関するお悩みがある方は、足立区で年間施工実績300件以上の当社までお気軽にご相談ください。

Bình luận


LP-02.webp
TOP-04.jpg
バナー01 (3).png
バナー02 (4).png
バナー03 (4).png
バナー04 (3).png
​まずはお気軽にお問合せください

CONTACT

問い合わせバナー.png
tosou.png
bottom of page