top of page

汚れが目立たない色選び!外壁の美観と機能性を両立

外壁や内装の色選びは見た目の美しさと同時に、汚れの目立たなさにも関連する重要なポイントです。

特に外壁は、家の第一印象を決める要素として、色の選択が重要です。

本記事では、汚れが目立たない色の選択肢と、それらの色がもたらすイメージや特性について解説します。


□汚れが目立たない色とは

汚れや劣化に強い外壁色として、グレー、アイボリー、ベージュが挙げられます。

これらの色は、美しさと機能性を兼ね備え、住宅の外観を格上げする効果も期待できます。


*グレー

グレーは都会的で温厚な印象を与える色です。

無機質で上品、大人の雰囲気を演出できるため、スタイリッシュな住宅に最適です。

特に薄いグレーは煤煙や黄砂の汚れに強く、汚れが目立ちにくいという特徴があります。

ただし、ダークグレーは補修跡が目立ちやすいため、薄いグレーの選択がおすすめです。


*アイボリー

アイボリーは、象牙色とも呼ばれ、高級素材のような落ち着きと気品を持ち合わせています。

グレーと同じく、煤煙や黄砂汚れが目立ちにくい色です。

和風住宅や和モダン住宅にもおすすめで、特に畑の黒土が舞い上がる環境では汚れが目立ちにくいことから、人気があります。


*ベージュ

ベージュはポジティブでリラックスした印象を与えます。

ナチュラルで優しい、安心感を与える色合いは、女性的で健康的なイメージを持ちます。

ベージュも煤煙や黄砂汚れに強く、ツートンカラーとしても相性が良いため、多様なデザインに適応します。




□汚れが目立ちやすい色とは

一方で、汚れが目立ちやすい色も存在します。

これらの色を選ぶ際には特に注意が必要です。


1:白と黒

白はクリーンで明るい印象を与えますが、汚れや劣化が目立ちやすい色です。

特にピュアホワイトは非常に明るいため、汚れが目立つことがあります。

黒は白に比べると汚れは目立ちにくいですが、夏場の熱の吸収率が高くなるため、遮熱効果のある外壁材や塗装を選ぶ必要があります。


2:原色系

原色系の色は、当初は美しく仕上がりますが、経年劣化により色が褪せやすく、古びた印象を与えることがあります。

退色が顕著なため、コーティング塗装などの工夫が必要です。

また、室内と屋外の光源では見え方が異なることが多いので、色選びには特に注意が必要です。




□まとめ

汚れが目立たない色として、グレー、アイボリー、ベージュがおすすめです。

これらの色は、スタイリッシュで落ち着いたイメージを与え、煤煙や黄砂の汚れに強い特性を持ちます。

一方で、白や黒、原色系の色は汚れが目立ちやすく、特に注意が必要です。

色選びは外壁や内装の印象を大きく左右するため、美しさと実用性を兼ね備えた選択を心がけましょう。

当社は、地域密着の総合リフォーム会社です。

職人一人一人がこだわりを持ち、皆様に安心や満足、感動、幸せをお届けします。

足立区周辺で、汚れが目立ちにくい外壁を実現されたい方は、ぜひお気軽に当社までお問い合わせください。

Comments


LP-02.webp
TOP-04.jpg
バナー01 (3).png
バナー02 (4).png
バナー03 (4).png
バナー04 (3).png
​まずはお気軽にお問合せください

CONTACT

問い合わせバナー.png
tosou.png
bottom of page