top of page

棟板金とは?家を守るための知識とメンテナンスの秘訣






自宅の屋根メンテナンスに欠かせない棟板金。

棟板金という言葉を耳にする機会は少ないかもしれませんが、実は家を守る上で非常に重要な役割を果たしています。

この記事を通じて、棟板金の基本から、釘が抜ける問題への対処法まで、家主の皆さんが知っておくべき情報を解説していきます。


棟板金基礎知識


棟板金とは、屋根の最も高い部分に設置され、雨水の浸入を防ぐための金属製の部材です。

棟板金の種類には、ガルバリウム鋼板やジンカリウム鋼板、さらには化粧スレートなどがあり、それぞれが異なる特性を持っています。

しかし、共通しているのは、すべてが屋根を保護し、美観を保つために不可欠である点です。


棟板金の役割とは


棟板金の主な役割は、屋根同士を密接に結合し、雨水の浸入を阻止することです。

この防水性は、家全体を湿気やカビから守るために極めて重要です。

また、棟板金は屋根の見た目にも影響を与えるため、選ぶ材質や色は家の外観に大きく関わってきます。


定期的なメンテナンスの必要性


棟板金は風雨や紫外線といった外部からの影響を直接受けるため、他の部位よりも劣化しやすいと言われています。

耐用年数は15年から25年程度ですが、定期的な点検とメンテナンスを行うことで、その寿命を延ばすことが可能です。





釘が抜ける?棟板金メンテナンスのポイント


築年数が進むと、棟板金を固定している釘が抜け始めることがあります。

これは、棟板金自体の熱膨張や、施工時の微細なズレが原因で発生します。

釘が抜けることで起こる可能性のある劣化症状は、貫板の腐食や棟板金の飛散など、家全体の耐久性に関わる重大な問題に繋がりかねません。


1.釘抜けの原因とは


主な原因は棟板金の熱膨張にあります。

日中の太陽熱により棟板金が膨張し、夜になって冷えて収縮するこの繰り返しが、徐々に釘を引き抜いてしまうのです。

特に、日照条件が良い地域では、この現象による釘抜けが特に注意が必要です。


2.劣化症状と対処法


釘が抜けた結果、棟板金の飛散や貫板の腐食が進行すると、修復費用が高額になるだけでなく、家族の安全にも影響を及ぼします。

早期発見と迅速な修理が、これらの問題を防ぐ鍵となります。

定期的な専門会社による点検が、このようなリスクを最小限に抑える最善策です。





まとめ


棟板金は、家を守るために不可欠な要素であり、そのメンテナンスは家主にとって重要な責務です。

日中の太陽熱や気候変動による影響を受けやすいため、定期的な点検と適切なメンテナンスを心がけることが重要です。

今回紹介した基礎知識とメンテナンスのポイントを活用し、大切な家を長持ちさせましょう。

当社は、足立区周辺で屋根・外壁のリフォームを行っています。

棟板金に関するお悩みをお持ちの方は、お気軽に当社までご相談ください。


Comentários


LP-02.webp
TOP-04.jpg
バナー01 (3).png
バナー02 (4).png
バナー03 (4).png
バナー04 (3).png
​まずはお気軽にお問合せください

CONTACT

問い合わせバナー.png
tosou.png
bottom of page