top of page

桁と梁の違いとは?建築用語をわかりやすく解説




建築やリフォームを検討している方々にとって、専門用語はしばしば「壁」となり得ます。

特に、「梁(はり)」と「桁(けた)」のような基本的な用語は、その違いを理解することが設計や工事の選択に直接影響を与えるため、その理解は非常に重要です。

この記事では、梁と桁の違い、そして梁の種類とその機能について、初心者でも理解しやすい形で解説していきます。


梁の種類と特徴


建築における梁は、その用途と位置によってさまざまな種類があります。

主要なものとしては、小屋梁、床梁、大梁、小梁、孫梁が挙げられます。


1:小屋梁(こやばり)


小屋梁は、屋根を支えるための梁で、屋根の構造体の一番下に水平に設置されます。

これによって屋根の重さが柱に効率よく伝わり、建物の安定性を高める役割を担っています。


2:床梁(ゆかばり)


床梁は、建物の階層ごとの床を支えるために用いられます。

特に多階建ての建物では、床梁の配置と強度が重要となり、快適で安全な居住空間の確保に寄与します。


3:大梁(おおばり)


大梁は、柱から柱へと横断する形で配置され、建物の主要な荷重を支える重要な梁です。

これにより建物全体の構造的な強度が保たれ、耐久性が向上します。


4:小梁(こばり)・孫梁(まごばり)


小梁と孫梁は、それぞれ大梁に対して補助的な役割を果たす梁で、細かな部分の支持や分散が目的です。

リフォームやリノベーションの際にも比較的変更しやすいため、柔軟な設計が可能になります。





梁と桁の基本的な違い


梁と桁はどちらも建築において重要な部材ですが、その役割には明確な違いがあります。


1:配置の違い


梁は一般に水平方向に配置され、柱を結びつけることで屋根や床の荷重を支えます。

一方、桁は主に柱の上部に横たえられ、屋根や上部構造の横方向の力を受け持ちます。


2:機能の違い


梁は水平方向の力に対抗しつつ、建物の鉛直荷重を支える役割があります。

これに対し、桁は主に横方向の力に対応し、建物の横揺れに対する抵抗力を提供します。


3:由来と文化的意味


梁(はり)はその形状がかつて使用された弓などに似ていることから、力強さを象徴する部材とされています。

一方、桁(けた)は棟木(むなぎ)とともに、屋根を支えるための重要な部材として位置付けられています。






まとめ


このように、梁と桁は見た目が似ていても、その役割や設置される場所、文化的背景には大きな違いがあります。

建築やリフォームに取り組む際は、これらの部材がどのように機能しているかを理解することが、より良い選択をするための鍵となります。

今回の解説が、建築用語の理解を深め、より質の高い建築知識の習得に役立つことを願っています。


足立区周辺で、リフォームをお考えの際は当社までお気軽にご相談ください。

ショールームにてリフォームを成功させる為のプランづくりから出来上がりまで、楽しさ喜び、感動を感じる体験会をご用意しております。

Comments


LP-02.webp
TOP-04.jpg
バナー01 (3).png
バナー02 (4).png
バナー03 (4).png
バナー04 (3).png
​まずはお気軽にお問合せください

CONTACT

問い合わせバナー.png
tosou.png
bottom of page