top of page

屋根塗装の縁切りとは?必要でない屋根には条件があります

屋根塗装は見た目を美しくするだけではなく、住まいを守る重要な役割を果たします。


しかし、その過程で欠かせない「縁切り」という工程について、多くの方は詳しく知らないかもしれません。

この記事では、屋根塗装の縁切りの必要性と縁切りが不要なケースについて解説していきます。

屋根に関する知識を深め、大事なお住まいと安全に長く過ごせるようにしていきましょう。



□屋根塗装の縁切りとは?縁切りをしないことでさまざまなリスクがあります


屋根塗装における縁切りは、屋根材の間に適切な隙間を保つための工程です。

屋根材は完全に密着しているように見えますが、実はその間には微細な隙間が存在します。

これが雨水の流れをスムーズにするために不可欠なのです。


縁切りを行わないことで生じるリスクは大きく、最も顕著なのが雨漏りです。

塗料で隙間が塞がれると、雨水が屋根の内部に滞留し、防水シートの劣化を早めることになります。

また、結露によって湿気がたまると木材の腐敗やカビの発生に繋がる可能性もあります。


適切な縁切りを行うには、塗装後に小口のすき間を専用の工具で丁寧に切り離す必要があります。

この作業を怠ると、前述したようなリスクが高まるため、専門家による正確な作業が求められます。

縁切りは見た目が地味な作業ですが、屋根の状態を維持するためには欠かせないのです。


□場合によっては縁切りが必要でない屋根もあります


縁切りの必要性について紹介しましたが、屋根によっては例外もあります。

縁切りが必要ない屋根は主に以下の場合が挙げられます。


*急勾配の屋根


急勾配の屋根では水の流れが速く、塗料が溜まりにくいため、縁切りが不要な場合があります。


しかし、縁切りが必要ないかどうかは必ず専門会社の点検を受けてから判断するようにしましょう。


*経年劣化で反っている屋根


経年劣化で屋根材が反り上がっている場合も、縁切りは不要です。

反りによって自然に隙間が生まれているため、塗料が詰まる心配がなく、そのままの状態で適切な排水が可能です。

こちらも必ず専門会社に点検を依頼してから縁切りが必要か確認しましょう。




□まとめ


屋根塗装の縁切りは、見た目の美しさを保つだけでなく、屋根の機能を長期にわたって維持するために重要な工程です。

今回紹介した情報を活用し、屋根の状態を保ちましょう。


当社は無料で点検を行っています。

足立区周辺で屋根塗装を検討している方は、お客様に寄り添って丁寧に作業を進めていく当社までお気軽にお問い合わせください。

Reason

たくさんの幸せをお届けし笑顔があふれる街に

私たち株式会社三誠ホームサービスは、

 

国土交通大臣認定のリフォーム事業者として、

 

東京都足立区、埼玉県大宮市、

千葉県柏市、神奈川県川崎市に拠点を置き、各拠点を中心に、

半径20キロ圏内を主に対象エリアとした地域密着の屋根・外壁塗装

屋根葺き替え・雨漏り修理・内装リノベーションなどを得意とする総合リフォーム会社です。
 

大企業のように営業マンもいなければ派手な宣伝もできません。
 

しかし、仕事の丁寧さだけはどこにも負けません。
 

職人一人ひとりが地元密着としてのこだわりを持ち、
 

お客様に『安心』や『満足』をご提供するだけでなく、『幸せ』や『感動』まで差し上げたい。
 

心からそう思っています。