top of page

外壁塗装を成功に導く!おすすめ塗料と賢い選択術

家の外観を美しく保つには、外壁塗装が欠かせません。

しかし、塗料の種類や特徴に不慣れな方々は、選び方に頭を悩ませることでしょう。

この記事では、外壁塗装に用いられる塗料の種類や特性を解説し、皆さんにぴったりの塗料選びをサポートします。


□外壁塗装でおすすめの塗料とその特性

外壁塗装に使われる塗料には、アクリル、ウレタン、シリコン、ラジカル制御型など、さまざまな種類があります。

それぞれの塗料の特性、耐用年数、価格を紹介します。


1:アクリル塗料

アクリル塗料は、耐用年数が5~7年と短めですが、価格は1平方メートル当たり1,500円と手頃です。

一般的な住宅に適しており、初めて外壁塗装を行う方におすすめです。


2:ウレタン塗料

耐用年数は8~10年、価格は1平方メートル当たり1,950円。

耐水性や耐候性に優れており、多少の気象条件変化にも対応可能です。


3:シリコン塗料

10~15年の耐用年数を持ち、価格は1平方メートル当たり2,300円です。

耐久性が高く、色褪せにくい特性があり、長期間にわたる美観を保ちたい場合に適しています。


4:ラジカル制御型塗料

12~16年の耐用年数を誇り、価格は1平方メートル当たり2,400円。

紫外線や酸性雨などに強く、厳しい環境下でもその性能を発揮します。

この他にも、フッ素塗料、無機塗料など、各塗料には特徴があります。

それぞれの環境やニーズに合わせて、最適な塗料を選ぶことが大切です。




□塗料選びの重要ポイント!外壁材との相性と価格

外壁塗装の塗料を選ぶ際の重要ポイントは、「外壁材との相性」、「耐用年数と価格」「助成金の対象かどうか」の3つです。


*外壁材との相性

外壁の材質によって、適した塗料は異なります。

例えば、モルタル外壁には弾性塗料が、窯業系サイディングには透湿性塗料がおすすめです。


*耐用年数と価格

一般的に価格が低い塗料は耐用年数が短く、価格が高い塗料は耐用年数が長い傾向にあります。

自宅のライフプランに合わせて、バランスの良い塗料を選ぶことが重要です。


*助成金の対象かどうか

地方自治体によっては、外壁塗装に助成金が設定されている場合があります。

特に省エネ性に優れた遮熱塗料や断熱塗料は、助成金の対象になりやすいです。




□まとめ

今回は、外壁塗装でおすすめの塗料や塗料選びのポイントを解説しました。

適切な塗料を選ぶことで、長期にわたり外壁を保護し、美しい外観を維持できます。

この記事が、塗料選びの一助となれば幸いです。

当社は、地域密着の総合リフォーム会社です。

職人一人一人がこだわりを持ち、皆様に安心や満足、感動、幸せをお届けします。

足立区周辺で、塗料選びからお悩みの方や外壁塗装をご検討中の方は、ぜひお気軽に当社までお問い合わせください。

Comments


LP-02.webp
TOP-04.jpg