top of page

外壁塗装の工期はどれくらい?季節や天候が影響する工程の全貌

家の外観を美しく保つために、外壁塗装は欠かせないメンテナンス作業です。

多くの住宅所有者や、初めて外壁塗装を検討している方々は、この作業にどれくらいの時間がかかるのか、どのような要因が工期に影響を及ぼすのかを知りたいとお考えではないでしょうか。

この記事では、外壁塗装の標準的な工期と、工期が延びる可能性のある要因について、分かりやすく説明します。


□外壁塗装の標準工期と影響要因

一般的に、2階建ての一戸建て住宅の外壁塗装には7~10日が標準的な工期とされています。

しかし、以下でご紹介する要因によってこの期間は変動することがあります。


*季節と天候の影響

梅雨の時期や台風シーズンなど、雨が降りやすい季節は湿気の影響で塗装作業が遅れる可能性があります。

特に梅雨の時期は工期が1か月程度に延びることも少なくありません。


*作業員の人数と家の大きさ

職人の方の人数や、塗装する家の大きさによっても工期は左右されます。

大きな家や複雑な構造の住宅は、それだけ多くの時間を要することがあります。


*屋根塗装の同時進行

屋根の塗装を外壁塗装と同時に行う場合、さらに3~4日の工期が追加されることが一般的です。



□工期延長の可能性とその原因

外壁塗装の工程は一般的には10日程度で完了しますが、予期せぬ事情により工期が延長することがあります。

主な原因は以下の通りです。


1:天候不良の影響

外壁塗装の進行に最も影響を及ぼすのが天候です。

特に雨が続く時期や台風のシーズンは、塗装作業に大きな支障をきたします。

雨や雪は塗料の乾燥を阻害し、作業の中断を余儀なくされることがあります。

また、冬季には霜や積雪によって工期が延びるリスクが高まります。

塗装作業は乾燥した状態でなければ適切に行えないため、これらの天候は計画の遅延を招く主な原因の一つです。


2:外壁の状態による遅延

外壁の状態が塗装作業の進行に大きく影響を及ぼすこともあります。

特に外壁にコケや藻、ホコリ、汚れがひどい場合、これらを完全に取り除くためには通常よりも多くの時間が必要です。

高圧洗浄機を用いることで多くの汚れを効率的に除去できますが、汚れが特にひどい場合は、バイオ洗浄という特殊な洗浄法が必要となることもあります。

このバイオ洗浄では、特定の洗浄剤を塗布し、一定時間放置した後に高圧洗浄を行います。

このように複数の工程を要するため、外壁の状態が悪いと工期が延びる可能性があります。



□まとめ

この記事では、一般的な一戸建て住宅の外壁塗装が通常7~10日程度であること、季節や天候、職人の人数、家の大きさ、屋根塗装の有無などが工期に影響を与える要因であることを解説しました。

また、天候不良や外壁の状態により工期が延びる可能性があることを説明しました。

外壁塗装を検討する際は、これらの要因を考慮して計画を立てることが重要です。

当社は、地域密着の総合リフォーム会社です。

職人一人一人がこだわりを持ち、皆様に安心や満足、感動、幸せをお届けします。

足立区周辺で外壁塗装をご検討中の方は、ぜひ当社と共に理想的な外壁を実現しませんか。

Reason

たくさんの幸せをお届けし笑顔があふれる街に

私たち株式会社三誠ホームサービスは、

 

国土交通大臣認定のリフォーム事業者として、

 

東京都足立区、埼玉県大宮市、

千葉県柏市、神奈川県川崎市に拠点を置き、各拠点を中心に、

半径20キロ圏内を主に対象エリアとした地域密着の屋根・外壁塗装

屋根葺き替え・雨漏り修理・内装リノベーションなどを得意とする総合リフォーム会社です。
 

大企業のように営業マンもいなければ派手な宣伝もできません。
 

しかし、仕事の丁寧さだけはどこにも負けません。
 

職人一人ひとりが地元密着としてのこだわりを持ち、
 

お客様に『安心』や『満足』をご提供するだけでなく、『幸せ』や『感動』まで差し上げたい。
 

心からそう思っています。