top of page

外壁の防水塗料の選び方とは?あなたの家を長持ちさせるために!

自宅のメンテナンスは重要なプロジェクト。

特に、外壁の防水は、住まいを長持ちさせるために不可欠です。

しかし、外壁防水塗料には多種多様な選択肢があり、それぞれの特徴や性能を理解することは一見すると複雑に思えます。

この記事では、アクリルからフッ素系までの外壁防水塗料の種類とその特性を比較解説し、適切な選択基準をご紹介します。


□外壁に最適な防水塗料:種類と特性

外壁防水塗料には、アクリル塗料、ウレタン塗料、シリコン塗料、フッ素系塗料という4つの主要な種類があります。

それぞれの塗料は、使用される環境や期待される耐久性に応じて異なる特性を持っています。


1.アクリル塗料

扱いやすさと発色の良さが特徴で、初期コストが低いため、以前は多くの家で選ばれていました。

しかし、耐久年数は約5〜6年と短めで、現在は他の選択肢に押され気味です。


2.ウレタン塗料

素材への付着性と弾力性に優れており、微細な隙間もしっかりとカバーします。

水に反応しやすく、時間が経つにつれて汚れが目立ちやすいというデメリットがありますが、耐用年数は最大10年です。


3.シリコン塗料

耐久性と耐用年数(7~10年)で選ばれることが多いシリコン塗料は、コストパフォーマンスに優れた選択肢として注目されています。

価格はやや高めですが、長期間にわたって外壁を保護できるため、結果的に経済的です。


4.フッ素系塗料

耐用年数が20年にも及ぶことがあり、耐久性と耐水性に非常に優れています。

初期投資は高いですが、塗り替えの頻度が低いため、長期的なメンテナンスコストを削減できます。

これらの塗料は、足立区周辺の気候や環境に適したものを選ぶことが重要です。




□外壁防水塗料の選び方

外壁防水塗料を選ぶ際には、色の選択、塗装箇所のチェック、耐用年数と性能の確認が重要なポイントとなります。


1.建物に合う色の選定

外壁や屋根は目立つ部分であるため、建物の雰囲気に合う色、または好みの色を選ぶことが大切です。

防水塗料の色の選択肢は豊富であり、足立区周辺の風土に合った色を選べます。


2.塗装箇所の適量を確認

塗装面積に合わせた適量の塗料を用意することで、適切な厚みの塗膜を形成し、防水効果を最大化します。

必要量は製品によって異なるため、事前に塗装面積を測定し、計画的に購入しましょう。


3.耐用年数と性能の検討

長期的な視点で考えると、耐用年数が長く性能が高い塗料を選ぶことが、コストパフォーマンスにおいても最適な選択になります。

安価な塗料は初期コストを抑えられますが、長期的には塗り替えが必要となり、結果的に高コストになることもあります。




□まとめ

外壁防水塗料の選び方には、塗料の種類を理解し、建物に合った色、適量の確認、耐用年数と性能を検討することが重要です。

この記事を参考に、自宅メンテナンスに最適な外壁防水塗料を選択することで、住まいの美しさと耐久性を長期間保ちましょう。

足立区周辺で、外壁防水塗料で疑問がある方や、どの防水塗料が良いのかわからない方は当社までお気軽にご相談ください。

職人一人ひとりが地元密着としてのこだわりを持ち、お客様に「安心」や「満足」をご提供します。

Comentários


LP-02.webp
TOP-04.jpg
バナー01 (3).png
バナー02 (4).png
バナー03 (4).png
バナー04 (3).png
​まずはお気軽にお問合せください

CONTACT

問い合わせバナー.png
tosou.png
bottom of page