top of page

外壁の耐用年数とは?塗装工事を行ってから再塗装を行うべき期間の目安になります

外壁塗装は頻繁に行うものではないため、いつ塗り替えれば良いのか目安が分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

外壁塗装の耐用年数には目安がありますが、多くの要因によってその年数は大きく変わってきます。

今回は、耐用年数の目安と劣化症状について紹介していきます。



□外壁塗装の耐用年数とは?外壁塗装工事をしてからどれくらいで塗り替える?


1.耐用年数の基本

外壁塗装は、家を自然の脅威から守る存在です。

耐用年数は塗装がどれだけの期間機能するかを示し、通常は10年から20年の間とされています。


しかし、これはあくまで一般的な目安であり、使用される塗料の種類や外壁の材質、さらには家の立地条件によって大きく変わります。


2.塗料の種類による耐用年数の違い

塗料にはウレタン、シリコン、フッ素、ラジカル塗料など、様々な種類があります。

例えば、ウレタン塗料は比較的安価でありながら6~10年の耐用年数を持ち、一方でフッ素塗料は10~20年と長持ちしますが、価格は高めです。

選択する塗料は、初期費用とメンテナンスの頻度、長期的なコストを考慮して決定する必要があります。


3.立地条件の影響

雨が多い地域や台風の影響を受けやすい地域では、外壁塗装の耐用年数は短くなる傾向にあります。

これは、激しい気象条件が塗装の劣化を早めるからです。

したがって、定期的な点検と適切なタイミングでのメンテナンスが、家を長持ちさせる鍵となります。




□耐用年数を過ぎた場合に現れる外壁の劣化症状について

耐用年数を過ぎた場合には、以下の劣化症状がみられます。

目安となる10年が経過していなくても、これらの症状がみられたら速やかに対処しなければなりません。


*ひび割れや剥がれの発生

外壁塗装の耐用年数が過ぎると、ひび割れや剥がれが発生することがあります。

これらは塗装の劣化の兆候であり、放置すると雨漏りや虫の侵入など、家の構造に深刻なダメージを与える可能性があります。

見つけた際には、専門会社による迅速な対応が求められます。


*鉄部のサビ

外壁に使用される鉄部が錆びると、塗料の防水効果が失われ、建物の耐久性に影響を及ぼします。

錆は見た目の問題だけでなく、構造的な弱点を生じさせるため早期の対処が不可欠です。


*チョーキング現象

外壁に白い粉が付くチョーキング現象は、塗料の劣化を示すサインです。

これは塗料の防水機能が低下していることを意味し、塗り替えが必要な状態を示しています。

この現象は、外壁の美観だけでなく保護機能の低下も意味するため、注意が必要です。




□まとめ

外壁塗装の耐用年数を理解し、適切なメンテナンスを行うことは、家を長期にわたって保護する上で非常に重要です。

耐用年数は塗料の種類や立地条件によって異なり、定期的な点検により劣化の初期段階で対応することが重要です。


足立区周辺で外壁塗装を検討されている方は、充実した長期保証を備え、お客様に長い間安心して生活いただける住宅環境をサポートする当社までお気軽にお問い合わせください。

Comments


LP-02.webp
TOP-04.jpg
バナー01 (3).png
バナー02 (4).png
バナー03 (4).png
バナー04 (3).png
​まずはお気軽にお問合せください

CONTACT

問い合わせバナー.png
tosou.png
bottom of page