top of page

ポリカ波板の耐久性とメンテナンスのすべて






自宅や事業所で長持ちする建材を求める実用主義者にとって、材料選びは非常に重要な意思決定の一部です。

耐久性とコストパフォーマンスを重視する彼らにとって、最適な選択肢の一つがポリカーボネート波板(ポリカ波板)です。

今回は、ポリカ波板の驚くべき耐久性とコスト効率の良さについて、具体的なデータと事例を交えて解説します。


ポリカ波板の圧倒的な耐久性と多用途性


ポリカ波板は、その素材特性から見ると、驚異的な耐衝撃性を誇っています。

ポリカーボネートはガラスに比べて約200倍、塩ビ波板に対しては約20倍の強度を持っているとされています。

この高い耐衝撃性は、アップル社のiPhone 5Cのボディなど、多くの商品で信頼されている証拠です。


1:材質の特性


ポリカは、加工がしやすく、透明性にも優れているため、広範囲にわたる製品に利用されています。

筆記具やサングラス、さらには保護ゴーグルにもその用途は広がっています。


2:耐久性とコスト


一般的にポリカ波板の耐久年数は7年から10年とされていますが、これは塩ビ波板よりも長持ちすることを意味しています。

価格面では、6尺で約1200円とリーズナブルでありながら、最も耐久性が高い材料の一つとして、コストパフォーマンスに優れています。






正しいポリカ波板の取り扱いとメンテナンス方法


ポリカ波板の機能を長期間維持するためには、適切な取り扱いとメンテナンスが欠かせません。

適正な施工と定期的な点検は、この素材の長所を最大限に活かすために不可欠です。


1:正しい施工方法


施工時には、ポリカーボネート専用の留め具を使用し、留め具の間隔は適切に保つことが重要です。

アルミ製の下地や木材下地に合わせて、適切なネジや釘を選ぶことがポイントです。


2:定期的なメンテナンス


施工後は定期的に留め具の緩みや波板のひび割れなどをチェックすることが推奨されています。

特に、悪天候の後にはダメージを受けやすいため、その都度の確認が効果的です。


3:専門会社への依頼


高い強度を保ち続けるためには、専門会社による施工が最も安心です。

専門会社に依頼することで、施工のミスを防ぎ、素材の特性を十分に引き出すことが可能になります。





まとめ


ポリカ波板はその圧倒的な耐衝撃性とコストパフォーマンスで、実用主義者に最適な建材です。

適切な取り扱いとメンテナンスにより、その長所を最大限に活かすことが可能です。

耐久性を求めるならば、ポリカ波板を選ぶ価値は十分にあります。


足立区周辺で、リフォームをお考えの方は、当社までお気軽にご相談ください。

Comments


LP-02.webp
TOP-04.jpg
バナー01 (3).png
バナー02 (4).png
バナー03 (4).png
バナー04 (3).png
​まずはお気軽にお問合せください

CONTACT

問い合わせバナー.png
tosou.png
bottom of page