top of page

シーリングの劣化に注意!放置しているとさまざまなリスクがあります!

住宅を所有することは、多くの方にとって大きなものですが、それにはメンテナンスの責任も伴います。

特に、シーリングのような部分は見過ごされがちですが、その重要性は非常に大きいのです。

そこで、この記事では、シーリングの劣化の原因とリスクを明らかにしていきます。

今回の記事を参考に、シーリング部分の劣化を防ぎましょう。


□シーリングの劣化の原因とは?

シーリング劣化の主な原因には以下のようなものが挙げられます。

これらの原因に対する具体的な対応策を探ることで、適切なメンテナンスが可能となります。


*経年劣化

シーリング材は時間と共に劣化します。

多くのシーリング材は10年程度が寿命とされており、この期間を過ぎると劣化が顕著になります。

そのため、外壁塗装後の年数を把握し、定期的な点検を心掛けることが大切です。


*紫外線の影響

外壁は常に紫外線にさらされており、この影響でシーリング材に含まれる紫外線吸収添加剤が劣化します。

年月と共に効果が低下し、シーリングの劣化を早める要因となります。

そのため、紫外線対策を施したシーリング材の選定が重要です。


*施工不良

シーリング施工時のミスも劣化の一因です。

不適切な材料選定や施工ミスが原因で早期劣化が発生することがあります。

施工後間もないのに劣化が見られる場合は、専門家による再施工が必要です。





□放置禁止!シーリング劣化が及ぼすリスク

シーリングの劣化を放置すると、以下のようなリスクがあります。

これらのリスクにはいずれも早急な対処が重要です。


1:建物の耐久性低下

劣化したシーリングは建物の保護機能を失い、建物の構造自体が脅かされることがあります。

これは、定期的な点検と適切な修繕で、建物の寿命を延ばせます。


2:雨漏りのリスク

シーリングの劣化は雨水の浸入を招き、雨漏りの原因となり得ます。

この問題は内部構造への影響も大きく、放置することで修繕コストが増大します。


3:光熱費の増加

劣化したシーリングは気密性を低下させ、室内の温度調節が難しくなります。

これにより冷暖房の効率が悪化し、光熱費が増加する恐れがあります。





□まとめ

シーリングの劣化を理解し、適切な対応策を講じることは、住まいの安全と快適性を保つ上で極めて重要です。

経年劣化、紫外線の影響、施工不良が主な原因であり、これらに対して適切に対処することで、建物の耐久性を高め、雨漏りや光熱費の増加といったリスクを軽減できます。

定期的な点検とメンテナンスを怠らず、住まいを長く守りましょう。

また、当社ではシーリングに関するお悩みも受け付けております。

足立区周辺にお住まいの方は、お気軽にご相談ください。


Reason

たくさんの幸せをお届けし笑顔があふれる街に

私たち株式会社三誠ホームサービスは、

 

国土交通大臣認定のリフォーム事業者として、

 

東京都足立区、埼玉県大宮市、

千葉県柏市、神奈川県川崎市に拠点を置き、各拠点を中心に、

半径20キロ圏内を主に対象エリアとした地域密着の屋根・外壁塗装

屋根葺き替え・雨漏り修理・内装リノベーションなどを得意とする総合リフォーム会社です。
 

大企業のように営業マンもいなければ派手な宣伝もできません。
 

しかし、仕事の丁寧さだけはどこにも負けません。
 

職人一人ひとりが地元密着としてのこだわりを持ち、
 

お客様に『安心』や『満足』をご提供するだけでなく、『幸せ』や『感動』まで差し上げたい。
 

心からそう思っています。