​川口市安行で漆喰詰め直し・ラバー工事を行いました。

Before

After

S__49004580.jpg

点検→施工の流れ

本日は埼玉県川口市安行にてS様邸の屋根点検に伺いました。
漆喰の割れ、劣化がひどいです。
ラバー(瓦止め)がしてあるのですが、ひどく汚く、ほとんど付着しておらず、瓦がズレる状態です。
聞くと、大工さんにやってもらったそうです。
やはり専門業社がキチンと施工しないとダメですね。

S__49004570.jpg

まず、既存の劣化している漆喰を剥がしていきます。
かなり劣化しているので、ポロポロと簡単剥がれていきます。

S__49004572.jpg

次に屋根専用の漆喰材を付着していきます。
漆喰の厚さ、量等、バッチリの施工です。

S__49004574.jpg

次にラバーコーキング(瓦止め)です。
既存のコーキングを撤去し、付着させる量等に気をつけ綺麗に打ち直していきます。

専用のナラシベラで綺麗にナラシます。

S__49004580.jpg
S__49004578_0.jpg

完了です。
これで雨漏れや、瓦のズレ等の心配はありません。
綺麗になって!!と、お客様も大喜びでした。

漆喰材を10年サイクルで詰め直しすると、屋根はなが〜くもつんだニャ!

屋根ねこ親方.png

​雨漏りしてからでは遅いのが屋根です。

​普段気になりにくい箇所ですが是非気にかけてみてくださいませ。

関.png

屋根調査士​ 関裕一​

ヘッダー.jpg
火災保険.jpg