​川口市前川で漆喰詰め直し・ラバー工事を行いました。

Before

After

S__48955431.jpg
S__48955437.jpg

点検→施工の流れ

S__48955431.jpg

20年間、何も屋根のメンテナンスをしていないS様邸の屋根点検を致しました。
漆喰の劣化、冠瓦のズレ等が非常に目立ちます。
瓦の落下、雨漏れの恐れがあるので、早急に対処しなくてはなりません。

S__48955433.jpg

まず漆喰工事です。
中にある葺き土(瓦の土台)を出さないように、既存の劣化した漆喰を綺麗に取り除きます。

S__48955435.jpg

屋根専用の漆喰材を隙間なく付着していきます。
この時、漆喰の量、厚さに気をつけます。
漆喰が多すぎると通気性が悪くなり、中の湿気が逃げなくなります。
逆に少ないと、すぐ割れ落ちたりします。

S__48955437.jpg

綺麗に掃除をし、漆喰工事完了です。
雨樋の清掃もサービスで行いました。

S__48955441.jpg

次に冠瓦とノシ瓦のラバー工法(瓦止め)です。
外れている箇所やズレている箇所を一度、綺麗に整えます。
針金が縛ってある所も経年劣化により、中で切れている物が多いです。

S__48955449.jpg
S__48955443.jpg

瓦専用のコーキングボンドを付着して行きます。
付着する量が多いと、ぐちゃぐちゃになってしまうので、力加減に注意しながら、付着して行きます。

S__48955453.jpg
S__48955451.jpg

ラバー工法(瓦止め)完了です。
瓦の落下、ズレ、雨漏れなどの心配はなくなりました。
屋根は家の中でもとても大切な部分です。
大惨事になる前に少なくとも10年に一度はメンテナンスをしましょう。

漆喰を長年放置すると葺き土が飛び出してきて雨漏りの原因になるニャ!

屋根ねこ親方.png

​雨漏りする前にメンテナンスを行うことは費用面や精神面でも非常にメリットが大きいです。

関.png

屋根調査士​ 関裕一​

ヘッダー.jpg
火災保険.jpg