初めての方必見! 外壁塗装を成功に導く6つのポイント|プロが教える基礎知識








近所のお宅が外壁塗装工事を済ませると、ご自宅の外壁の汚れや劣化が気になってくる……こういうことはよくあります。


「そもそも外壁塗装っていつするもの?」

「業者に依頼する前に基本的な情報は知っておきたい」


このように、初めての外壁塗装工事を前に、当ページをご覧いただいている方もいらっしゃるのではないでしょうか。外壁塗装は、いつかは行う必要のある住まいの定期的なメンテナンスです。しかし、頻繁に行うものではないため、いざ業者に依頼しようと思っても、どう話を進めていけばいいのか不安に感じてしまいますよね。外壁塗装工事を失敗なく進めていくためにも、基本的な知識を身に着けておきましょう。


ここでは、足立区梅田の「株式会社三誠ホームサービス」が、初めての外壁塗装をお考えの方に、ぜひ知っておいていただきたい、6つの基礎知識をご紹介します。


わかりやすくご説明してまいりますが、ご不明点がある場合や、ご自分のケースではどうなるのか知りたいといった場合には、どうぞお気軽に当社までお問い合わせください。点検・調査、お見積もりは無料で承っております。


【外壁塗装の前に、知っておきたい基礎知識6つ】

外壁塗装の基礎知識その1:塗り替えのタイミング

外壁塗装の基礎知識その2:工事費用

外壁塗装の基礎知識その3:工事の流れ

外壁塗装の基礎知識その4:塗料選び

外壁塗装の基礎知識その5:色選び

外壁塗装の基礎知識その6:業者選び

まとめ


外壁塗装の基礎知識その1:塗り替えのタイミング

外壁塗装を塗り替えるのは、外壁そのものに劣化があったり、汚れが目立ってきたりする時期か、もしくは、一般的な外壁塗料の耐用年数を迎える施工後7~10年が目安です。


1.外壁にこんな劣化が目立ってきたら

次の症状は、外壁の劣化の特徴的なものです。これらのうち、1つでも気がついたら、お早めに外壁塗装の専門業者へ相談し、点検・調査を依頼してみましょう。


(1)チョーキング・吸水

手や布等で外壁にふれると、チョークのような粉が付く状態です。水を弾く機能が失われているため、外壁が水分を含みさらに劣化が進みます。

(2)ヒビ

外壁やコーキング(目地)にヒビが入っているなら、メンテナンスが必要。部分補修でなんとかなる場合もありますが、全面的な塗装を後回しにすることは、外壁はじめ住まいの寿命を縮めてしまいます。窓や釘などの周辺で起こりやすいので、気を付けて見てみましょう。ベランダなどは特にヒビが入りやすい部分です。

(3)カビ・コケの発生

緑色や黒っぽいシミや汚れが目立つようになっていたら、カビやコケが発生していると考えていいでしょう。日が当たらない、建物の北側や影になりやすい部分などが要注意です。

(4)サイディングの変形・反り

サイディング外壁は、雨水にさらされ、乾いてを何度も繰り返すことで劣化し、変形・反りが生じていきます。変形・反りが起こってしまうと、部分的に張り替えが必要なケースも……。あらかじめ塗り替えなど何らかの処置をしておくと、長持ちすることもあります。

2.前回の外壁塗装から7~10年が目安

前回の塗装から10年を目安に塗り替えを検討される方は少なくありませんが、10年を過ぎると、予想外に劣化が進んでいることがあります。一般的な外壁に使用される塗料のカタログを確認すると、通常5~7年が塗料の耐用年数であり、点検目安です。目立った劣化がなくとも、塗料の耐用年数に至る前に点検し、建物が劣化しないうちに外壁の塗り替えをおすすめします。


外壁塗装の基礎知識その2:費用


建物全体の外壁塗装は、決して安いものではありません。あらかじめ費用相場を知っておき、悪徳業者に騙されたり、損をしてしまったりするこのないようにしましょう。通常、業者の見積書のうち、総額だけでなく内訳にも注意して見るようにしましょう。


1.工事全体にかかる費用

外壁塗装工事は、一般的な30坪の2階建て住宅で、費用の相場が90~140万円、もっとも多いのが100万円ほどというデータがあります。工事の細かな内訳によるところと、採用する塗料の値段、外壁の面積などにより、ケースバイケースで費用は変わってきます。

2.工事の内訳

外壁塗装工事といっても、さまざまな工程を踏んで塗料を塗ることになります。一般的に外壁塗装工事に必要な作業内容と費用の相場は下記の通りです。建物のスタイルや外壁の劣化具合によって、工事内容は異なりますので、見積書をもらったら内容をよく確認しましょう。工事内容や数量が不明瞭で、「○○一式」といった記載になっているなら、詳細を業者にしっかり確認するようにしましょう。

なお、下記の図のような付帯箇所は、素材や状態によって積算されたりされなかったりということがあります。この点もしっかり理解したうえで、見積書を見ましょう。


外壁塗装の基礎知識その3:工事の流れ

外壁塗装を検討されているなら、まずは塗装業者に点検・見積もり依頼を出しましょう。その後の、完工までのおおまかな流れは、下記の通りです。

1.点検から契約まで

点検・調査を依頼してから、契約までは、下記の流れになります。

1-1.点検・調査依頼(見積もり依頼)

まずは、塗装業者・外壁塗装業者などに点検・調査と見積もりを依頼します。依頼したからといって、必ずしもその業者と契約する必要はありません。複数の業者に見積書を出してもらう「相見積もり」で比較検討したうえで、業者を選ぶようにしましょう。業者選びについては、後ほどご説明します。 なお、通常、点検・調査・見積書作成までは、無料で行っている業者がほとんどですが、あらかじめどこから費用が発生するかは、確認しておいていいでしょう。


1-2.点検

住まいの外壁の現状を正確に知るため、業者が建物周辺を直接確認し、チェックしていきます。屋根や外壁などを見るためには敷地内に入る必要がありますので、可能な限り点検・調査には立ち会うといいでしょう。


1-3見積書の提示

点検・調査の結果を、報告書や見積書として受け取ります。通常は、ご自宅で受け取ることになりますが、希望があれば、業者の事務所や近隣の喫茶店ほか、最近はオンラインでの報告を受けることも可能です。業者によって異なりますので、確認しておきましょう。なお、報告書・見積書を見てわからないことがあれば、どんどん業者にたずねてOK。信頼できる優良な業者であれば、しっかりと答えてくれるはずです。


1-4.契約

業者の出してきた見積書やプランに納得できれば、契約を結びます。見積もりから契約までは急ぐ必要はありません。納得のいくまで内容をご家族などと確認し、冷静に契約する業者を決定しましょう。むしろ、契約を急がせる業者であれば、少し注意した方がいいかもしれません。




2.打ち合わせ~施工直前

2-1.打ち合わせ(色・塗料選定)

業者の取り扱い塗料の中から、施主様が種類や色を選びます。塗料選びについてはこちら色選びについてはこちらでご説明します。


2-2.工事日の決定

工事日を決定します。施主様やご家族の都合などで、完成期日や工事開始日、工事しないでほしい期間などがあれば、契約の時点であらかじめ伝えておきましょう。


2-3.現場調査

工事日が決まれば、実際に現場で作業に当たる職人や工事監督が、現場で直接調査をします。外壁塗装の場合は、足場を組む必要があるので、どこに足場を組むか、足場を設置する箇所に移動させた方がいいものがないかなど、実際の作業を踏まえた調査を行います。


2-3.近隣への挨拶

工事中は、工事の音や塗料の匂いが近所迷惑となることがあります。トラブルを未然に防ぐために、工事開始1周間前くらいに、近隣にお住まいの方へご挨拶へあがります。通常、業者に任せてしまって問題ありませんが、近所のどこまで、どのような内容のお知らせをするのかは事前に確認しておきましょう。


3.着工~完工(完成、お引渡し)

着工(工事開始)から完工(完成・お引渡し)までの流れは、次の通りです。

3-1.着工(足場架設)

戸建住宅の外壁塗装工事の場合、足場架設に4~6時間かかります。開始が午前か午後かにもよりますが、丸一日がかりと考えていいでしょう。雨天でも足場架設は行えますが、台風や大雪、大雨の場合は、業者によっては安全面を考慮して延期することもあります。架設時に、植木鉢や自家用車、その他さまざまな物を移動させる必要がありますので、事前にこれらについても業者と打ち合わせで確認しておきます。


3-2.高圧洗浄

塗装品質を向上させるために、塗装作業前に高圧洗浄で汚れをしっかり落とします。こちらも特別な天候不順がない限り、雨天決行です。


3-3.養生

塗装しない窓やドア、床、手すりほか各種付帯箇所に、塗料が付着しないようビニールでカバーする「養生」をします。養生は、雨天時には行えないことがあります。


3-4.コーキング撤去・交換

既存のコーキングが劣化している場合、しっかり撤去し、新しいコーキング剤を充填します。


3-5.塗装作業

外壁や付帯物に塗装をしていきます。通常、下塗り・中塗り・上塗りの3回に分けて行います。外壁塗装が終わってから付帯物の塗装を行うのが通常ですが、ケースによっては、同時にすすめることもあります。


3-6.養生剥がし

塗装が完了し、しっかり乾燥が確認できたら、養生を剥がします。


3-7.足場解体

足場解体前に、塗装の仕上がりを確認したのち、足場を解体します。解体作業そのものに3~4時間かかります。架設時と逆の手順となります。このとき、作業の音が出やすいため、近隣への挨拶が欠かせません。


3-8.完工(完成・お引渡し)

施主様と一緒に、最終的なチェックをしたうえで、工事完了確認所に施主様の署名をいただいたら、工事が完了し、お引渡しとなります。この時に支払いをすることが一般的ですが、支払い方法や支払日などは契約時にしっかり確認しておきましょう。工事の進捗写真や、保証書などは後日のお渡しとなることもあります。


外壁塗装の基礎知識その4:塗料選び

外壁塗装工事が、ご自身やご家族の満足につながるかどうかの大きなカギとなるのが、塗料選びと塗料の色選びです。色の数が豊富であるだけに、塗料選びは難しいと思われるかもしれませんが、基本的に外壁用塗料の種類は5つだけです。用途や機能を考えながら、住まいに合った塗料を選べるといいですね。

1.基本的な塗料は5種類

外壁塗装に用いられる塗料は、アクリル塗料、ウレタン塗料、シリコン塗料、フッ素塗料、無機塗料の5種類です。耐久性やコストについては、下図の通りです。


もっとも安価なアクリル塗料は耐用年数が短いことから、実際の塗り替えで採用されることはほとんどありません。安さを求めるならウレタン塗料、10年以上の耐久性がほしい場合は、シリコン塗料以上のものを選ぶ方が多いです。


また、これら5種類の塗料は、それぞれ「油性」と「水性」の2種類に分かれます。以前は、耐久性の面で劣っていた「水性塗料」ですが、近年は油性にも負けずとも劣らない耐久性能を誇るものもあります。このほか、「低汚染性(汚れにくい)」「光触媒(光で汚れを分解)」「防カビ・防藻機能」を持たせた塗料も登場してきています。

2.建物に合った塗料選びのコツ

塗料の種類を選定するときには、ご自身ですべて決めてしまうのではなく、専門知識のある業者へ気軽に相談してみましょう。そのとき、伝えておくとよいポイントがあります。

  • 何年くらいの耐久性がほしいか

  • 予算はいくらか

  • 周辺環境から対策したいこと(コケやカビ、ヒビ、排ガスの付着等)

  • 家族構成から、臭いが出にくいものがいい(赤ちゃんやペットがいる等)

このような事情とともに、業者に希望を伝えることで、施主様の住まいにぴったりの塗料の候補をいくつか選定してくれるでしょう。気になること、希望があれば遠慮せず聞いてみることをおすすめします。


外壁塗装の基礎知識その5:色選び

住まいの塗り替えでもっとも施主様の意向が反映されやすいのが、色選びです。これまでの雰囲気とガラッと変えるのもよし、デザイン性をもたせるのもよしですが、その時の思いつきで選んでしまって、のちのち後悔してしまうということも……。ここでは、色選びの時に気を付けたいポイントをご紹介します。

1.失敗しにくい色選びのポイント

外壁塗装工事は、最低でも数年は間隔を空けて行うものですから、長く目にしても違和感のない、納得できる色選びができるといいですね。


色選びのポイント1:できるだけ大きな色見本で確認する

塗料カタログに掲載されている色見本は、数センチ角と小さいものばかりです。しかし、色には、「面積効果」というものがあります。面積効果とは、面積が広くなればなるほど、明るい色は薄く見え、暗い色は濃く見える効果です。そのため、小さい色見本でのイメージで決定すると、実際の外壁に塗ったときに、思っていたよりも薄くなった、もしくは、濃すぎた、ということが起こるのです。


最近は、塗料メーカーの色見本にA4サイズのもの(色板)が登場しています。だいたいの候補が絞れたら、A4サイズ以上のものを用意してもらうよう業者にお願いしてみましょう。

色選びのポイント2:建物の色は、全体で3~4色にとどめる

デザイン性を考えると、数種類色を使いたくなってしまいかもしれません。しかし、住まいの外観に5つ以上の色があると、落ち着きがなくアンバランスな印象を与えてしまうことがあります。できれば、3~4色以内におさえて、まとまった雰囲気に仕上げられるといいですね。

色選びのポイント3:近隣の景観と調和させる

好きな色が選べる住まいの外壁塗装ですが、特徴的な色を選んでしまうと、近隣の町並みや景観から浮いてしまって、悪目立ちしてしまうこともあります。まずは、普段から目にするご近所の家の色を、意識して見てみましょう。周辺の住宅や、近隣の自然環境などとの調和を考えながら、景観を損ねない色選びができるといいですね。


外壁塗装の基礎知識その6:業者選び

外壁塗装を成功させるためにもっとも重要になるのが、施工を任せる「業者選び」です。自社の利益だけでなく、お客のメリットもしっかり考えてくれる、経験や知識の豊富な業者を選びたいもの……。後悔することのない外壁塗装工事にするためにも、納得できる適正価格で、丁寧で品質のいい工事ができる業者を見極められるといいですね。

1.丁寧な点検

塗装業者とのはじめの接点が、点検・調査の依頼になります。点検は、30分もかけずにざっと家の周りを見渡すだけで終わらせることもできれば、屋根まで上がったり、細部までしっかり丁寧にチェックしたりして、入念な調査を行うこともできます。通常、この部分は無料で行われることが多いため、時間をかけない手抜きの点検だと、工事が始まってから不具合が見つかり追加工事が必要ということも考えられます。


多少時間がかかったとしても、細部まで確認して、依頼主に写真で説明しれくれるような業者であれば安心です。丁寧に行えば、一般的な2階建て住宅なら、30~90分はかかります。一つの目安にしてください。


足立区梅田の株式会社三誠ホームサービスでは、点検・調査を承ったら、100点ほどの現況写真と一緒に、詳細な調査報告をさせていただいています。もちろん無料で承りますので、どうぞ安心してご相談ください。

2.詳細な見積書

慣れた人でなければ、なかなか見方のコツがつかみにくい「見積書」。総額表示で「○○工事 一式」などとなっており、内訳がないような見積書は要注意外壁塗装のさまざまな工程費用は発生しますので、手抜きやごまかしがないか、しっかりと内容を確認しましょう。その際に、次の点に注意して確認することが大切です。

  • 各種作業内容

  • 工程ごとの数量

  • 作業単価

  • 塗装範囲(m2)

  • 塗装回数

  • 使用する塗料

3.豊富な塗装実績と口コミ

住宅の造りや素材はそれぞれ異なるため、部分ごと、ケースバイケースで適切な塗装を行う必要があります。実績が豊富であることは、それだけ経験値が積まれており、それらを活かして依頼主様の住まいに合った塗装を提案・対応できるはずです。近年は、ホームページで実績を公表している業者も多いため、その実績を確認するようにしましょう。


また、自社の施工に自信がある業者なら、お客様から感想・フィードバックなどをアンケートで公開していることがあります。どういったポイントが得意なのか、他のお客さんが満足したのはどんな点か、確認してみるといいでしょう。

4.見えない部分まで写真で報告

外壁や屋根の劣化は、住んでいると気づきにくい部分です。また、高い部分も普段は目にすることができません。点検・調査の際は、こういったところまで写真でチェックしながら報告してくれると安心ですね。写真をくれない業者がすべて手抜き工事をしているというわけではありませんが、調査時はもちろん、施工中の進捗や、完了時の仕上がりなども写真を多用して報告しれくれる業者が選べると安心です。




まとめ


【外壁塗装6つの基礎知識】

基礎知識その1:塗り替えのタイミング

1.外壁に、チョーキング、吸水、ヒビ、カビ、コケ、反りなど劣化が目立ってきたら

2.前回の外壁塗装から7~10年が目安。耐用年数より早めがベスト

基礎知識その2:費用

1.工事全体にかかる費用は90~140万円が相場。中央値は100万円程度

2.工事の内訳は、工程ごとの数量や単価を明記しているかチェック

基礎知識その3:工事の流れ

基礎知識その4:塗料選び

1.基本は5種類:アクリル・ウレタン・シリコン・フッ素・無機。それぞれ「水性」「油性」の別あり

2.建物に合った塗料選びのコツ:ライフスタイルに合わせて耐久性や費用、機能を考える

基礎知識その5:色選び

1.色選びのポイント:大きな色見本を参考に、最大3~4色。周囲との調和も大切

2.外壁塗装の人気色ランキング:3位ブラウン、2位ホワイト、1位ベージュ

基礎知識その6:業者選び

下記を満たしていると安心

1.丁寧な点検

2.詳細な見積書

3.豊富な塗装実績と口コミ

4.見えない部分まで写真で報告

5.メーカー保証・アフターフォロー


一つ一つはとてもシンプルで難しいものではありません。決して安い買い物ではない外壁塗装工事ですから、適正価格で理想の仕上がりになるといいですね。失敗のない外壁塗装工事が終えられるよう、応援しています! 


また、こちらの記事で気になること、不明なことがありましたら、どうぞお気軽に、足立区梅田の株式会社三誠ホームサービスへお問い合わせください。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。



[無料]外壁・屋根塗装・屋根リフォーム見積もり 100枚の点検写真!



「外壁塗装、屋根塗装、屋根リフォーム、我が家は実際いくらくらいかかるのかな?」


「そろそろとは思うけど、外壁・屋根塗装、屋根リフォームってどこに頼んだらいいの?」 とお悩みではありませんか?


そんな方は一度、塗装専門店や板金工事専門店による正確な見積もりをご覧になることをお勧めします。 今塗装をご検討中の方はもちろん、将来の費用計画作りにもお役に立ちます。


株式会社三誠ホームサービスでのお見積作成は、

50~100枚もの写真を撮る丁寧な点検診断+写真付き点検報告書を進呈!

・我が家の適正価格が分かる詳細な見積り書!

・塗料プランは3パターン以上もらえて比較検討できる専門用語もスタッフが分かりやすく解説!

お見積りとその内容説明まで、すべて無料で行っておりますのでご安心ください。


LINE公式アカウントからもご依頼頂けます!!



「著者情報」

 関裕一 

東京都足立区出身 1級外壁・屋根調査士・ドローンパイロット

​株式会社三誠ホームサービス 最高技術責任者

18歳から塗装職人として2.250件以上の施工に携わる。

​塗装業界の歪んだ構造を塗り替えるべく、奇跡の「新時代塗装」倶楽部を主催している。

お家を長く保つアドバイスを、分かりやすくお伝えします。

Reason

たくさんの幸せをお届けし笑顔があふれる街に

私たち株式会社三誠ホームサービスは、

 

国土交通大臣認定のリフォーム事業者として、

 

東京都足立区、埼玉県大宮市、

千葉県柏市、神奈川県川崎市に拠点を置き、各拠点を中心に、

半径20キロ圏内を主に対象エリアとした地域密着の屋根・外壁塗装

屋根葺き替え・雨漏り修理・内装リノベーションなどを得意とする総合リフォーム会社です。
 

大企業のように営業マンもいなければ派手な宣伝もできません。
 

しかし、仕事の丁寧さだけはどこにも負けません。
 

職人一人ひとりが地元密着としてのこだわりを持ち、
 

お客様に『安心』や『満足』をご提供するだけでなく、『幸せ』や『感動』まで差し上げたい。
 

心からそう思っています。