date_02.jpg

屋根・外壁塗装​・リフォーム専門

お問合わせのコピー.png
Wave

 屋根補修・修理が火災保険で0円になるかも!?

火災保険のコピー.jpg

ご存じでしたか?

1155358.png

火災保険は、火災以外でも

申請できます!!

こんなお悩み抱えていませんか?

築30年以上だから、雨漏りしてないか気になる。

ここ数年の気象異常によって台風や竜巻、強風やゲリラ豪雨などで屋根が飛ばないか心配。

雨樋がくねっと曲がっているようだ。

訪問販売業者に屋根修理を強く迫られた。

1181962.png

名称のイメージが先行し、「火災のときしか申請できない」とほとんどの方が思い込んでしまうであろう火災保険。実は、火災時でなくとも、風災、雪災などの「自然災害で破損した建物」の場合、ご加入されている火災保険が適用されるケースがございます。

火災保険に加入していれば

80以上の屋根修理が

保険金修理できます!

例えば、台風や大雪が原因で破損してしまった雨樋は、正しい火災保険申請を行うことによって、最大で実負担0円で修理することが可能となっております。
恐らくずいぶん前に加入したままになっている火災保険ですが、これを機会に、一度保険証書を確認してみてはいかがでしょうか。ご加入されている保険によっては対応できないケースもありますが、その判断も含めてプロに一度、保険証券や約款を見ていただくことを依頼されることをおすすめします。

火災保険適用で実負担

あなたの火災保険にも、

風災補償がセットされています。

 火災・落雷・爆発

4445891_s.jpg

「火災保険として住宅」の基本となる補償です。

火災や落雷、ガス漏れなどによる爆発などにより損害が生じた場合に適用され保険金が支払われます。

また、これらの災害の後片付け清掃、搬出など後片付けにかかる「残存物取片付け費用」も補填されます。

よくびっくりされるのは、近年はゲリラ豪雨などもあり落雷が頻繁に発生していますが、雷によって使えなくなった電化製品(テレビやパソコンなど)も補償対象になります。

 風・雹・雪災

773728_s.jpg

近年は異常気象の影響で、大型の台風や暴風が頻繁に発生しており、瓦やコロニアル材が浮いたり飛散しています。

さらに飛んだ屋根材がガレージを破壊したり、通行人に直撃したり、他人の家屋に被害を及ぼすケースも決して珍しくありません。
また、気圧の流れの変化によってここ数年、普段は雪がめったに降らない地方にも何十年ぶりのドカ雪やひょうなどが降っています。

このような多種にわたる自然災害が原因で損害が生じた場合にも適用対象となり、保険金が支払われます。

 水災・水漏れ

台風や暴風雨などが原因で起こった洪水や高潮、土砂崩れによって建物が床下・床上浸水となった損害等に対しても適用対象となり、保険金が支払われます。

また、これからの片付け清掃など後片付けにかかる「残存物取片付け費用」なども含まれます。

屋内では、給排水設備の故障で床が水浸しになったり、マンションでは上階の住人が水漏れを起こし、天井・壁が濡れるなどの事故も補填されます。

お宅の屋根も一見経年劣化のようですが、

何かしらの災害

​を受けているかもしれません!

三誠ホームサービス.png

グラフの通り、火災保険は、火事による利用は以外にも少なく、全体の6割が風災や水災、雪災によるものです。
「この破損は自然に劣化したものなのでは?」というケースでもかなりの確立で補償が適用されていますし、「この程度の被害なら保険金を申請してもおそらく無駄だろう」と諦めていたようなケースでも100万円以上の保険金が支払われることは難しいケースではありません。自動車保険と違い、火災保険は保険を使っても保険料が上がることはありませんし、しかも被災するたびに何度でも申請が可能です。ですから、少しの被害でも気づいた時に調査、申請をされることがお得です。

ご注意ください!!

​保険金詐欺

​の共犯者に・・・

ネットや飛び込み、電話営業をしている

​火災保険の代行業者には気をつけましょう。

最近、リフォーム詐欺業者が大挙して火災保険金詐欺に進出しているそうです。
その手口は、経年劣化による損耗を「直近の台風のせいにしましょう」と持ちかけ、保険会社に虚偽の報告をして保険金を騙し取ります。
その場合、お施主様も詐欺の共犯となり、発覚すれば告発されてしまうということが起きてしまうのです。

そのような代行業者は、安く修理を行えば行うほど利益が増やせるため、最低限の工事しか下請けに施工をさせません。
さらに言えば、保険申請の時には隅々まで完璧で高額な見積もり書を作成しますが、実際の施工依頼は適当な内容だったり、その場しのぎで済ませてしまうということです。
本当に行うべき施工を行っていないため、いい修理、いい工事などできません。

ですから、そのような代行業者に頼むよりも、きちんと有資格者に診断してご依頼いただく方が確実です。

でも、

​自分で申請するのは面倒・・・

鑑定士への状況説明

被災箇所の写真撮影

見積書等の書類作成

その他細かいやり取り等

1181962.png

上記のものを準備した後にリフォーム会社に依頼しなければいけません。
申請の手続きは複雑で面倒なため、広く活用されていないのが現状です。

関.png
屋根ねこ親方.png

面倒だからとあきらめてしまう前に!

私たちにお任せください!

株式会社三誠ホームサービス

〒123-0851 東京都足立区梅田6丁目24-14 エコー電気ビル202
Tel. 0120-071-775

Copyright© Sanseihomeservice All Rights Reserved.