​川口市金山町で外壁塗装工事を行いました。

Before

After

点検→施工の流れ

本日は埼玉県川口市K様邸の外壁調査に伺いました。
15年程メンテナンスをしていないとの事です。
チョーキング(主に塗装表面が暴露状態の際に紫外線・熱・水分・風等により塗装面の表層樹脂が劣化し、塗料の色成分の顔料がチョーク(白墨)のような粉状になって現れる現象や状態をいう)がひどく、手で壁を拭き取ると真っ白になる状況です。
外壁を守るという塗装本来の役割を果たすことができなくなっており、特に防水機能が低下しています。
チョーキングを放置してしまうと、外壁は雨水を吸収していき、藻・コケやカビの原因に繋がってしまいます。
さらに時間が経って悪化すると、クラック(ひび割れ)が起きる危険性さえあります。
新しく、塗装するタイミングです。

まず、高圧洗浄です。
上から下まで、コケやカビ、汚れなどをきれいに落とします。

S__49209361.jpg
S__49209363.jpg

次に養生です。
塗装の最中はどうしても細かい飛散などがあります。
養生をしっかりとして、飛散対策をちゃんと行います。
弊社の養生のやり方としては、マスカーのガムテープ跡が残らないように必ず、マスキングテープを先に貼り、マスカーをその上に貼り付けるように施工しています。

塗装は下塗り、中塗り、上塗りの三工程になります。
まずは下塗りです。
ローラーやハケを使い、凸凹部分や細かい部分までしっかりと下塗り材を付着していきます。

次に中塗りです。
下塗りの色が浮き出て透けないようにしっかりと塗料を付着していきます。

最後に上塗りです。
仕上げ作業になります。
塗りムラ、塗料の垂れ、塗り忘れなどに気をつけて仕上げて行きます。
塗り終わりに、塗り忘れや不備がないか、もう一度全面見回り確認します。

S__49209380_0.jpg
S__49209377_0.jpg
S__49209381_0.jpg
S__49209379_0.jpg

軒下、破風、軒樋、縦樋、帯と外壁に絡む箇所は全て塗装致します。
壁は仕上がっていますので、最新の注意を払い塗装します。
外壁と同じく、塗りムラ、塗料の垂れ、塗り忘れなど最後に全て確認します。

完了です。
見違える程綺麗になりました!
お客様の色を選ぶセンスがよく、すごく清潔感いっぱいの仕上がりとなりました!
もちろんお客様にはとても喜んで頂けました!

外壁は見た目だけじゃなく、雨漏りを防ぐ為に日々耐えてるんだニャ!

屋根ねこ親方.png

外壁塗料の種類は沢山ございます。最近は遮熱塗料も流行っております。

関.png

屋根調査士​ 関裕一​

ヘッダー.jpg
火災保険.jpg